yoowa vol.2 キャストオーディション開催

2021年10月9日

yoowa では vol.2 公演においてキャストオーディションを開催する運びとなりました。
"口語ミュージカル"をテーマに、口語演劇とミュージカルをひとつに融和させた新たな舞台表現をともに創り上げてくださる方のご応募をお待ちしております。


【公演概要】

タイトル…「(未定)」

公演日程…2022年2月16日(水)~2月22日(火)
各班 7 ステージずつ・全 14 ステージ予定。

公演場所…王子小劇場

ギャランティあり。
チケットノルマ、チケットバックあり。


●スケジュール(予定)

プレ稽古…11月下旬

本稽古開始…12月
(12月中...週5日、1月以降...週6日)

劇場入り期間…2022年2月14日(月)~2月22日(火)


●あらすじ

うだつの上がらないラッパー、キョウスケ。
彼の徒然な日々は、高校時代のかつての彼女、マイの死によって、少しだけ色を帯びはじ める。
それはマイの親友で、風俗嬢として不安定な日々を送るミサにとっても同じだった。
彼女の死から一年後、祭りで再会を果たした二人。
彼女との日々に想いを馳せながら、彼らはその苦しみの意味を知る。

―ばーん。花火がばーんと打ち上がる。
もう終わっちゃうんだろう、これでもかってくらいいっぱい、矢継ぎ早に打ち上がる。
最後におっきなおっきな花火が、打ち上がる。
弾け飛んで、燃えかすなのかな、パラパラと光が落ちていく。
なんでか、私はその小さな光たちが好きで。
終わりゆく中で、まだ、輝いていたいと叫ぶ、その、小さな光たちが大好きで。
だから、どこまでも、痛い。痛いんだ。


●登場人物

マイ
26歳。昼は歯科医院の事務として働いている。夜はピンサロ嬢として働く。ネガティブ思考であり、人生を終わりのない日々と考えている。夜職を始めたきっかけも貧困ではなく、刺激を求めてだった。

キョウスケ
27歳。マイの高校時代の彼氏。ラッパー。相方のソウタと共に音楽活動を行う。が、自分の人生に酔うことができずに苦しんでいる。

ミサ
27歳。マイの高校時代の親友。キョウスケとも仲が良かった。身寄りがなかったことからトモキと関係を深くする。が、トモキから斡旋された風俗での売り上げはトモキに搾取されている。

ヨウイチ
27歳。3人の高校時代の友人。ナナコの夫。結婚式と第一子の誕生を控えている。サラリーマンであり、保守的な人生を歩む。

ナナコ
27歳。3人の高校時代の友人。ヨウイチの妻。結婚式と第一子の誕生を控えている。専業主婦であり、保守的な人生を歩む。

カスミ
30歳。マイの昼職の先輩。アヤノとマイを妹のように可愛がる。幸せにはそれぞれの形があると考えており、さして結婚の必要性に迫られてはいない。

アヤノ
27歳。マイの昼職の同期。親友。傷つくことを恐れるあまり、道化を演じがち。マイの悩みを唯一把握していた存在だった。

トモキ
29歳。ミサと深い関係にある。ミサを嬢として個人で風俗業を営んでいる。売り上げは個人の趣味に散財。

ソウタ
24歳。キョウスケの相方。トラックメイカー。くよくよと考え込むことがなく、やりたいことを一心に信じきり日々生活している。個人ではトラックの評判が良く、名が売れ始めている。

モリ
38歳。マイの常連客。利用するたびに風俗嬢を諭すなど、人生を達観したつもりになっている。共産主義者。

ホンダ
ホームレスの男。資本主義社会の輪郭を把握している。

ユウ
男。資本主義社会の腐敗した肉を喰らい生きている。

※一部ダブルキャスト。
※歌唱、ダンスのない役あり。



【オーディション詳細】

審査日程…2021年11月12日(金),13日(土)
(両日 10‐12 時、14‐16 時、17‐19 時の三回を予定。)

コールバック審査日程…2021年11月14日(日)

応募締切…2021年10月24日(日)23時59分

いずれも都内稽古場にて。
歌唱・ダンス・芝居審査を行います。

※オーディション課題は応募締切後にメールにて一斉配布となります。


●応募資格

・18歳以上の、心身共に健康な方。
・稽古に参加できる方。劇場入り期間・本番期間のスケジュールを開けられる方。


●応募方法

下記の Google フォームに必要事項を記入したのち、送信してください。
応募締切…2021年10月24日(日)23時59分




●お問い合わせ

オーディションに関するお問い合わせは下記メールアドレスまでお願い致します。

  • グレーTwitterのアイコン
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon